ジアス演出部

アクセスカウンタ

zoom RSS 一高演劇部 学園祭公演への道4 新歓公演リハ

<<   作成日時 : 2018/04/08 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

昨日買った代車付き52インチモニタは
大きすぎて車に乗らず分解して運んだ。
今日はその組み立てから始める。

ビデオカメラで通しを撮影し
モニタで見る。こういうことは初めてするらしかった。
思いの外自分の演技に失望している生徒が少なく
自分たちで引いているボーダーラインが高くないことが
窺われた。
そこでかなり厳しいダメ出しをする。
まずアクティングを上・中・下に分けていること。
演劇の基本的なスタイルは一幕一場。
重要なシーンはセンターで行う。
ところが今回の芝居は
場所毎に演じる場所を変えようとするため
意味もなくセンターをがら空きにして
下の片隅で芝居をしたりする。
明らかにベースが「演劇」ではなく「映像」なのだ。

そのことを指摘して暫くたつと芝居をセンターですることに彼らはした。
また演技もテンションを上げ、デフォルメを強めた。
こうした修正力は前任校よりも高いかもしれない。

そして照明・音響を加えてのゲネ。
これによってだいぶ見やすく、面白くなった。
もっとも前日に初めてのゲネはいくら何でも遅い

今日から部日誌をつけることにする

全てはここからだ
今日の映像を学園祭公演が
終わったときにまた見せようと思う。
そのとき彼らが何を感じるか
それがこれからの一高演劇部を占う資料になるだろう
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>明らかにベースが「演劇」ではなく「映像」なのだ。
あ、これわかる。経験ある。
KK
2018/04/09 08:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
一高演劇部 学園祭公演への道4 新歓公演リハ ジアス演出部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる