BAKUMAN3 感想

面白い。久々に面白いマンガだと思う。
業界、それもマンガ業界を扱っているわけだが
ジャンプに載っている作品がジャンプについて描くわけだから
メタマンガということだ。
当然、身内批判や同業者への感想や思いも入ってくる
果てはジャンプのシステム批判まで出てくる。
これらがどこまでコントロールされた、つまり許容された
予定調和なのかは分からないが、それでも
それなりスリリングでリアルである。

またマンガ家になろうとする二人の高校生を描きながら
「王道」を行く所もすごい。ライバルがいて可愛い女の子もいて
葛藤があり、純愛があり、そうでない恋愛もあり(!)、協力と離反があり(そうで)
友情もある。

これは藤子不二男の「まんが道」のレベルをやはり遙かに超えている。
あれは実話をもとにしているからということもあるが
明らかに「BAKUMAN」の方が高度な構造を持っている。
単なる青春サクセスストーリーやラブロマンスではない。
自己を相対化していくような視線を隠し持ったメタマンガであるところに
全体的な価値がある。
本当にすごい。続きが楽しみだ。
45

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック