ナルト疾風伝-火の意志を継ぐ者- 感想

ネタバレあり。

ナルトの映画も、ここに来て本編との接点を意識して
どちらかというと、本編を知っているファンに意識を置いて
作られている印象。

カカシとオビトの絡みとか知っている方が感情移入しやすい。
それと同時に今回は同期の仲間総出演、プラス ガアラというラインナップ。
アスマにも良い役を与えていて
ナルトファンを満足させる展開にしてある。

いままでの企画がナルトは出てくるけど
なんとなくナルトっぽくない話というのが何編かあったので
今回は安心して見られる気がする。

作り手の方がそういうことを考えて
丁寧にそれぞれの登場人物に見せ場を考えているところがいい。
シカマル辺りは出しやすいだろうが
テンテンなんかにかなり良い役目を持たせていて
心憎いと思った。

シリーズの中では最も本編と違和感の無い出来だと思う。



劇場版NARUTO-ナルト- 疾風伝 火の意志を継ぐ者 オリジナルサウンドトラック
アニプレックス
サントラ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック