THIS IS IT

娘と家内に誘われて「THIS IS IT」を見てきた。
感動した。

実は正直言ってあまり期待していなかった。
しかし、それは私の完全な思い違いだった。
改めて「King Of Pop」マイケルジャクソンの凄さを知った。

とにかくこの映画はすごい。普通メーキングというのは本編があって成立するわけだが
ここにはメーキングしかない。つまりメーキングが本編なのだ。

何がすごいか。まずオーディションを受けに世界から集まるダンサー達の
真剣度が並大抵ではない。みなマイケルをリスペクトしている者たちだ。
一緒の舞台を踏めるなら死んでもいいと思っているような人たちだ。
そんな中から選ばれたダンサーたち。いかなる時でも100%のパフォーマンスを欠かさない。

つまりエンターテイメントとはこういうもの凄く一流な力を持った人々が
馬鹿正直に見えるほど真剣にやらなくては極められないものだ
ということが痛い程理解できるのだ。

次に驚くこと。スタッフ・ミュージシャンの質の高さ。
特に照明・音響スタッフはすごい。と同時にミュージシャンも
すごい。女性ギタリストが一人出てくるが、とんでもなく上手い。
私が見た女性ギタリストの中では間違いなく3本の指に入ると思う。
そして彼らがみなマイケルをリスペクトしていて、全く手を抜かず
精一杯演奏し、オペレートするところから生まれる雰囲気が
見ているものを泣かせる力を持っているのだ。

最後に驚くこと。それはマイケルジャクソンの身体だ。
これは本当に50才の人間の身体なのか。
私は全盛期の切れはもうないんだろうとタカをくくっていた。
なるほど全盛期と比べると幾分落ちているのかもしれない。
しかし、それでも私の予想を遙かに超えた鍛えられた身体だった。

リハーサルでのマイケルの言動。謙虚で思いやりがあり
常に観客を考える。新のエンターテイナーだと思う。

知らず涙が流れる。
コンサートは間違いなく行われるはずだった。
そして全てはそのために進行している。
それは真剣なリハーサルを見れば一目瞭然だ。
なのに

この映像に映っている人はもうこの世にいない。
そう考えると
私達がいかに偉大なアーティストを一人失ったかが分かった。

後年のマイケルジャクソンに対して否定的な印象を持っていた
私は
この映像を見て、当たり前だが
アーティストは舞台の上でこそ真価が発揮されると感じた。

一見の価値がある。
私はもう一度みたいと真剣に思っている。

繰り返すが、エンターテインメントは
超一流の人々が、ああいう風にもの凄く真摯に真面目に
謙虚に真剣に取り組んでこそ生まれるものだと思う。
金にものをいわせればできるわけではないのだ。

この映画を見たことによって
県大会に向けての様々なアイディアが次々に湧いた。
優れた舞台は何よりも刺激的で、次の舞台を生み出す力になる。
そのことも感動の要因となった。

マイケル、ありがとう
安らかに眠り給え
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック