ティエリ・グルンステン「線が顔になるとき」「マンガのシステム」

遅まきながら二冊いっぺんに読むことにした。
あと二ヶ月早く読んでいれば
違う展開もあったかも知れないが
過ぎ去った時間は取り戻せない
これは致し方ない

感想などはまた後日
マンガのシステム コマはなぜ物語になるのか
青土社
ティエリ・グルンステン
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック