J.BOY

1986年、私は社会人二年目。二十代半ばだった。
浜田省吾の名作「J.BOY」は二枚組LPとして発売された。
アルバムタイトルである「J.BOY」は名曲中の名曲であり
多くの人の心に焼き付いたチューンである。

それにしてもあれから何年たったのか。24年か…
バブルに踊り、失われた10年があり
新世紀を迎えてはや9年が過ぎた。

風化していく原風景が多い中
この曲の詞はますます今日性を持っていくような気がする

バイクの免許もない私だが
心が海岸線を朝日に向かって走っていく思いがしたものだ

時代はかわり、働きたくても働けない人が巷にあふれる中
「J.BOY」の詞とはだいぶ違う世相になったことも確かである。
しかし、時代の閉塞感は変わることがなくその詞は心に響く

J.Boy 頼りなく豊なこの国に
J.Boy 何を賭け 何を夢みよう…

J.Boy 打ち砕け日常ってやつを
J.Boy 乗り越えろもう悲しみってやつを

J.Boy 受け止めろ孤独ってやつを
J.Boy 吹き飛ばせその空虚ってやつを
J.Boy  J.Boy…


JリーグもJポップもないときに「J.BOY」というネーミングだけで
全てのものに先んじ勝っていたと思う
そして我々はますます嫌になるほど、どんどん「J.BOY」になっていく
四半世紀たって浜田省吾の予言はますますリアルに
私達の心に響きわたる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック