ゼミ発表終わる

昨日、ゼミの発表が終わった。
夜中の2時までレジュメ作っていて
寝不足気味ということもあって
ぼーっと家を出たのだと思う
というのは、自分ではそれなりに緊張感と
やる気をもって出たはずなのだが
免許証や学生証、スイカ、院生室のコピーのプリペイドカードなど
ありとあらゆるものを昨日着ていた上着のポケットにいれたまま
ででかけたため、大変な目にあったのである
詳細は割愛するが
意気消沈して大学についた。

それでも気を取り直してレジュメを印刷
ゼミに望む

まぁ、作品が「マンガ版ナウシカ」なので
質疑も参加者がいろいろ自分の思いを語る感じで
盛り上がり、それなりにうまくいった方なのだろう

いろいろな立場の人から示唆に富む意見や
当時の証言をいただき今後におおいに役立つことが多かった
有難うございます。ササキバラゴウ先生の話、斎藤宣彦先生の話は
とてもとても貴重なものだった。

しかし、自分的には作品に対するアンビバレンツな思い
研究方法に対するアンビバレンツな態度が浮き彫りになり
なにやら苦しさを更に倍加する形で確認する結果となった
これは作品自体もの持つ、そしてまた作者のもつアンビバレンツな
思いによるものかもしれない。

すなおに鷲掴みしたいのに、結果的にロールズやノージックなんかを
持ち出してしまう自分に対する嫌悪
しかし、表現論レベルではなかなか論文が進まない現状など

そんな思いも込めて深夜2時に書いていた
尾田栄一郎風コマ割りによるユパの最期をレジュメに載せる
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック