パース

6月2日のゼミ発表はパース(パースペクティヴ)についてしようと思っている。
岸本斉史氏の「ナルト」を取り上げる。
岸本氏は大変画力の高いマンガ家だと思う。
特にパースはすごい。それも単純なパースではない。
どうやってああいう力を身につけたのか、とても興味がある。
しかし、発表は、岸本氏の方ではなく
こういうパースを読者がいつから受容し始めたのか
というより、いつから欲するようになったのか、という
歴史的な過程とその条件を追いたいと思っている。
映画・アニメ・ゲームなどがその元として考えられるか。私はゲームは
全く門外漢なので当てずっぽうだが…
魚眼パースなどは押井氏などがやったのが早いのか。
などなど、手探りなのだが、やってみようと思っている。
楽しみだ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック