クラウドスケイプ

今週金曜日にゼミで「ほしのこえ」論をする関係で
関係の論文や評論、記事を読んでいる。
京大の加藤幹郎氏が「新海誠アニメーションにおけるクウラドスケイプ」
という論をお書きになっているが、大変興味深い。

それにしてもアニメにおける雲とはなんなのだろう。
宮崎駿、押井守、細田守…印象的な雲の絵を表現する監督は多い。

私は個人的に雲が好きで、ブログの写真も雲が多いし
ホームページの写真は全て雲にしている。

大地丙太郎がどこかで新海誠の描く空に奥行きが広いのは
彼が長野出身だからだ、というようなことを言っていたが
北海道出身の私にはその点はおおいに頷ける。
道東に5年住んだが、とても大きくて高い空だった。
今は山梨にいるが、北上して長野に近付くと
景色に親近感が増すのは、空のせいかもしれないと
この話を聞いて思った。

日本のアニメにおけるクラウドスケイプは
大変面白い切り口だと思う。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック