大城のぼる

今日の夏目ゼミは、夏休みに行った「昭和漫画館青虫」でみんなが撮った写真を
もとに語るという課題だった。
夏目先生が大城のぼるの戦後の作品について語る。

絵が抜群に達者な大城は、様々な圧力と闘いながら
戦前を生きたように思う。
戦前の主立った作品は復刻されたが(「汽車旅行」や「火星探検」など)
戦後の作品はまだその全容がしれない

辰巳ヨシヒロの「劇画漂流」には1950年当時、辰巳が大城に
作品を送り弟子にならないかと誘われる経緯が書かれているが
大城の60年代、70年代はどんなふうだったのだろう

大城自身は長生きした方だと思うのだが、漫画の方は早くに筆を折っている
どの時点で、何がキッカケだったのか
この稀有な画力をもったマンガ家について研究が進められることが望まれる
汽車旅行―復刻版
小学館クリエイティブ
大城 のぼる
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 汽車旅行―復刻版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック