宮本大人先生の特別講義

今日の夏目先生の自主ゼミは宮本大人先生をお迎えして
「何のために人を斬るのか?-『赤胴鈴之助』から『忍者武芸帳』、『バガボンド』まで-」
という題名で講義をしていただいた。
6時間にも及ぶかという熱のこもった講義であった。
前半、明治期から戦前・戦後、赤胴鈴之助まで、
中盤、白土三平について
後半『バガボンド』について

とても刺激的で興味深い講義だった。
ここでその内容は書かないが(内容がとても多くて多岐にわたるので)
とにかくそのバイタリティに驚く。

個人的には宮崎駿の『砂漠の民』と『忍者武芸帳』の影響関係など
質問し、とても示唆に富む解説を伺うことができとても充実した一日となった。
その内容も書かないが、論文の中に生かしていくことになると思う。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック