みなもと太郎先生の特別講義

今日の夏目ゼミは
みなもと太郎先生にお越しいただき
特別講義をしていただいた。

夏目先生との古今のマンガ談義が
万才のようで大変面白かった。

とても興味深いお話しをいただいたのだが
あまりにも多岐に渡っており
ここではまとめにくい。

ただ、個人的に面白かったのは
石森(石ノ森)章太郎の「マンガ家入門」が
少年向けと銘打ってあるのに
サンプルとして取り上げられているのが
「龍神沼」であり、その主人公の在り方が
その後の24年組、ひいては現在のBLまで
一直線で繋がるというもの。

手塚治虫とはまた違う次元で
石森章太郎の存在の重さを改めて知る結果となった。

また、氏のさいとうたかおへの深い思いも垣間見られた。
また西谷祥子への評価の高さも感じられた。
とてもいい刺激になった。

講演の後にマンガ学特講の中表紙にサインしてもらった
うれしい
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック