ワンピース61巻 雑感

遅れましたが61巻の感想です。

それにしても凄い売れ方ですね。
恐いくらい。
何か凄すぎてよからぬことが起きるのでは
と心配になるほどです。
初刷り300万部を超え、累計二億冊ってどんなんだ。
NHKでも取り上げられ
単なるマンガではない、と神格化されつつある。

でもね、単なるマンガなんで
これに背びれや尾びれがついて
どんどん文化的にも素晴らしいもの、たいしたモノに
されてしまうと
なんかイヤなことが起こりそう

でも、ルフィたちは元気だった

とにかく読むのに時間がかかる。
ナルトの1.5倍、ブリーチの2.5倍はかかる(笑)

頂上決戦から2年
それぞれにスケールアップした仲間が再び見える
いいですね

船出をそれぞれ世話になった人達が
影に日向に助けてくれるというのも
ワンピースらしい

レイリーに覇気の使い方を学んだルフィの
今後が楽しみです

麦わら帽がもともとはロジャーのものだったという
件もいいですね。レイリーの涙もいい
どこまでルフィは多くの人との繋がりの中で
大きくなるのか
まるで生まれたときからの超サラブレットであるにもかかわらず
その事をまったく知らず、そして知ろうともせず
逆にすごい人たちがみな若いルフィを認めていくことによって
彼の凄さが際だっていく
海賊王になった男はこんなすごい男達に認められ
助けられ、意気に感じられて
上り詰めたのだという
そのエピソードを
幾重にも重ねていく所が
本当に素晴らしい

でも、ただのマンガです。
間違いない。
そしてこういうのがマンガです
ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)
集英社
2011-02-04
尾田 栄一郎
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック