パン種とたまご姫

某国営放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも紹介のあった
本作を見た

この放送局はポニョの時の追跡ドキュメントに味をしめたのか
アリエッティでも長々と追いかけ続け
仕事道楽の人のインタビューなんかが更に味をつけて
特捜もどきの大ストーリーを展開(捏造)していたが

一事が万事、宮崎氏を取り巻く環境はそんな感じになってきて
本人も本意ではないだろうが
でも、あなたが招き寄せているとしか
思えない

作品は一流のモノで
素晴らしいのだが

この味付けは
ちょっと食傷気味かもしれない

特にあの魔女ですが
ドーラから始まって
湯婆婆とか

くどい

です。正直

知人が言ってたんですが
パン種とたまご姫が逃げるのはいい
二人で旅立ってどこかに落ち着いてくれれば
あの魔女は出てこなくて良いと
特にストーリーなくていいから
田園地帯を二人が走っていてくれればと

なんとなく分かる気がするのだ

既視感というか
どの場面もどこかで見た
宮崎駿作品の引用的にみえる
そしてその最たるものは

魔女だ

理屈は分かる
そしてそれはセオリーにも則った展開だ
天下一品だ

でも

くどい

そんなに人間関係の粘りっ気のある話は

つらい

「海がきこえる」と「耳をすませば」の違いみたいなものでしょうか。

でも傑作です。そういっておきます。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック