福島第一原発事故 プルトニウム検出問題

この事故処理にはどれくらいの時間がかかるのだろう。
そうした見通しは立たないのだろうが、最短でもこのくらいはかかる
と、大まかな見通しを政府は提出すべきではないのだろうか。
仮にそれがどんなに過酷な数字であっても
まったくこの先の見通しが立たないよりいいのではないのか。

今、故郷を離れて見知らぬ場所で生活している人達は
いつかは自分たちの故郷に戻れる、戻るのだということを
心の支えにしている。
もし、数ヶ月や数年で帰れないとしても
自分たちの子どもや孫は帰れるという希望は必要だ。

共同通信などが伝えているように
炉心溶融という予測が震災当日にできていて
にもかかわらず、菅総理の視察等のために措置が遅れたということが
実際にあるのならば
問題は政府や総理だけではなく
予想していたにもかかわらず、しなかったこと
そして何より、その予想していた事実を隠していることにある

我々は今回の事故の重大性をどのようなやり方で実感すべきか
スリーマイル島事故には及ばない、が、チェルノブイリよりはまだマシ的な
変化をする中で、ずっと隠蔽されていることがあるのではないか
いやあるのである

プルトニウムが検出されたということは何を意味するのか
言わずもがなである
この事故は、人類が遭遇したこのない未曾有の深刻なものなのだ
それを実感しないかぎり
われわれは福島第一原発のために故郷を離れた人のこと
大変な放射能濃度の中で作業を行っている人のこと
放射能濃度が高くて放置されている遺体のこと
地震でも津波でも火事でもなく、
原発事故による様々な規制のために絶望して
自ら死を選ぶ人が出てしまうこと
そうしたことを忘れてしまう

政府は、考え得る最悪のシナリオを公表したらどうだろう
そうならないために、何が必要で
今、どんな人達がどんな思いで、どんな危険の中、何をしているのか
それをきちんと伝えるべきである
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック