没後150年 歌川国芳展 雑感

六本木の森美術館で「歌川国芳展」を見る。

天才である。
画力も凄いが、モノを見る目が凄いのだろう。
お気に入りは
「清盛入道布引滝遊覧悪源太義平霊討難波次郎」
この絵を見ると国芳は現代の人でタイムマシンで
幕末にいったのではないかと思ってしまう。
どう見ても現代の絵だ。色もデザインも線も。
というか江戸時代のセンスはもの凄いということなのかもしれない。

『みかけハこハゐが とんだいゝ人だ』は有名だが
その凄さはこの題名と文書にあるように思う。

現代のように「みかけハいい人だが、とんだオバカだ」と
いうのが多い時に
国芳の存在意義はますます重い。

それにつけても天才は時代を飛び越える。
ある意味で時間を超越している。
タイムマシンなど必要ないのかもしれない。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック