国際的アニメの夢-手塚治虫

『ロルフ』---この有名なアングラ・コミックを宮崎さんが
長編アニメにしたいという執念をぼくにもらされたのは、
もう半年くらい前のことです。『じゃりん子チエ』の追い込み
も終わった前後のことで、どうしてもこれだけは国際的アニメに
作り上げたいという夢を、大塚康生氏とともに語られました。
 ぼくたちは、この夢の実現を目ざして、どんなに時間が
かかっても成就したいと思っています。それにはT社の社長
および原作者の強力なご援助がなければできないことです。
コケの一念で実現させたいと思います。
 宮崎さんは、きっととてつもないもの凄い映画に作り上げら
れることでしょう。
                             アニメージュ 1981年8月号
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

KK
2012年04月26日 07:11
手塚さんのですね。彼はアメコミ界でも顔が効くので仲立ちを頼まれたのだと思います。この企画がこけて『ナウシカ』のまんがを構想。皮肉なことに翌年夏にハリウッドアニメ界で「国外下請け禁止!」のストが敗れて海外発注が増加しテレコムも次第に仕事増加。でも『ホームズ』の夢破れて宮崎は退社。

この記事へのトラックバック