ビッグ・フィッシュ/Big Fish

2003年米国 監督はティムバートン

父子の話である。
アメリカは父子の話が好きだ。
不和をどのように解消するか。
その過程の中で父の尊厳というか
子から父への尊敬の念が復活するという
「和解」譚である。
そうそう、妻を裏切らない夫の話でもある

アルバート・フィニーは貫禄だが
若い頃を感じているユアン・マクレガーが良い。
ジェシカ・ラングとかヘレナ・ボナム・カーターとか
いい役者が出ている。
ジェシカの若い頃をやったアリソン・ローマンも
なかなかの好演
この人は米国版の「風の谷のナウシカ」でナウシカに声を当てている。

なかなか良く計算された作品である。
色遣いなどもとても効果的
幻想と現実の境を
あざとくなく、とてもスマートに
描いている。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック