50周年記念 タツノコプロテン

今日は2つの芝居と2つの展覧会を見るという
強行軍であった。
まず、一番最初にみた
銀座・松屋で行われている「50周年記念 タツノコプロテン」について

楽しかった。
私と同じくらいの年齢の人が、至るところで
蘊蓄を傾けている。

「宇宙エース」のコーナーからはじまり、「ガッチャマン」のコーナー。
そしてキャシャーン・ポリマー・テッカマンと続く一連の展示。
「タイムボカンシリーズ」のコーナー。
「みなしごハッチ」に始まる「樫の木モック」「ケロッコデメタン」と言ったコーナー。
「グズラ」「ドカチン」など懐かしい名作や「紅三四郎」「マッハGoGoGo」のコーナーなど。

多分すべての作品をリアルタイムで見ていた私は
自分のアニメの核はタツノコアニメなのだと改めて実感する。

吉田竜夫氏、九里一平氏の原画が泣きたくなるほど良かった。
湖川友謙氏の「テッカマンブレード」も良かった。

殆ど往年の名作をカバーしていたと思うが、
唯一社外原作である、川崎のぼる氏の「いなかっぺ大将」と「てんとう虫の歌」については
全く触れられていなかった。これは、原作が吉田三兄弟と関係ないからなのか
それとも何か違う理由があるのか。

とにかく見応え一杯の展覧会である。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック