一高演劇部 定期公演への道28-上演終了-

甲府第一高校演劇部 第5回定期公演が終わった。
お客さんも予想以上にはいり
(3年部員のNさんが随分チケットをさばいてくれたようだ)
無事終わった。

1年生部員1人の舞台。それも初舞台。
音響照明も1年生のお手伝いさん。
そういう陣営で良く頑張ったと、言って言えないことはない。

初舞台を終え、満足感に浸っているIさんには
お疲れ様と言いたい。

しかし、厳しいことも言わねばならない。
このレベルではやはり
まだまだ足りない。
一人芝居はそうでなくても
単調になり、ある意味では退屈だ。
原作のもつ力でなんとか持たせているが
しかし、演技的にも演出的にも全然満足できる状況ではない。

この先を考えると、本当に胃がいたい。
10月21日の予選。11月18日の本選(進めればの話だが…)。
時間がない。いつでも時間が足りない。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

KK
2012年09月23日 22:00
ああ、制服のままでやってるんだ。
名無し。
2012年09月24日 06:56
観させて頂きました。お疲れ様でした。時間の制約、演者の力不足、初めての方たちばかりでご苦労なさった事、大変伺えました。そう々、奥様と偶然、外でお会いしました・・・。

お力になれない事、無念でした。この遣り残し感は、何処かで解消するつもりでいます。
本当にお疲れ様でした・・・。
はやおとうじ
2012年09月24日 07:50
KKさん コメントありがとうございます。
これが衣装なんですよ(笑)
一高の制服はこれとはかなり違います。
はやおとうじ
2012年09月24日 08:06
名無し。さま
コメントありがとうございます。
見ていただきありがとうございました。
ご挨拶もせず失礼しました。
見ていただいたとおりです。
自ずから限界があると思います。
ここから伸ばせるのはいま標準に至っていない
部分であって、それ以上になると
この条件・環境下では厳しいでしょう。
何を目的としてコンクールに参加するか
を決めて、やるべき上限を決めます。

ありがとうございました。

この記事へのトラックバック