風立ちぬ

今日、ヤフオクで買った
モデルグラフィックスが4冊届いて
全部を通して読んだわけではないが
何となく全体の雰囲気をつかんだ

まだ読んでない号をなんとか
集めて読みたい
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

KK
2012年12月31日 07:01
堀越に父親のイメージを託して描くのはまず間違いなし。ナショナリズム・テーマが再び追求されるのも確実。ただ宮崎のナショナリズム論(彼のなかでは反戦論とほぼ同義)の甘さは『ハウル』を観ればわかる。本で批判したとおりです。

この記事へのトラックバック