アニメ版ナウシカに戦車が登場するわけ

ここのところ思うところあって
「映像の世紀」を見返している。
良くできた番組で、続けて何本でもみたくなる。

さて、第一次大戦の兵器を扱った第2集を見て感じたこと。

それはなぜアニメ版にはタンク(戦車)が登場するのだろう?ということだ。
コミックスにはタンクは出てこない。
飛行機は各種登場する。そして空中戦が行われるのだが
空爆はしない。
大砲は出てくるが主戦力は騎馬隊や歩兵隊であって
戦車部隊は出てこない。

クシャナの率いる部隊はまさに騎馬隊である。
そこに歩兵と工兵がいる。

疑問はなぜアニメ版にはタンクが登場するのかということだ。
乱暴に言えば、コミックスは第一次世界大戦開始当時の様相だが
アニメの方は勃発後しばらくして各国が近代兵器を投入し始める頃の
話になっている。
(もっともナウシカの時代とは西暦でいうと3600年くらいのはずだが)

タンクのある・なしは「ナウシカ」のマンガ版とアニメ版を考える時に
一つのヒントになるような気がする。

なぜ、宮崎駿はアニメ版にはタンクを登場させたか?

単純に好きだったから、というのが真実かもしれない。
「空飛ぶ幽霊船」での戦車シーンは彼の担当だったし
(「ドロボウは平和を愛す」でもう一回やってるし)
「豚の虎」「ハンスの帰還」も戦車の話だった。

ただ、単に好きだったからだとしても
マンガ版とアニメはのこの違いは
なにか本質的な差を表している気がしてならない。

考え過ぎか?
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

KK
2013年03月06日 07:24
これはひょっとしていつぞやの私のネタ・・・
このあいだ『坂の上の雲ではわからない旅順攻防戦』という本を読んで刺激を受けました。要塞がどう発明されたのか、攻城法がどう進歩していったのかがわかります。Wikiで補いながら読みました。軍事はあまり興味なかったんですけどね。戦車まんがのほうに出てくるシラー中隊長は『坂雲』でいう伊地知参謀の宮崎版のように感じました。負け戦の坂雲。

アニメで戦車が活用されたのは、馬だと作画がめんどくさいということもあったと思います。バカガラスという輸送機、ドイツがかつて使っていた機体のジェット機版だそうです。http://nicoviewer.net/sm13268956
はやおとうじ
2013年03月06日 07:59
kkさん。コメントありがとうございます。
私はまた知らず知らず、kkさんをパクって
いたのでしょうか?すいません(笑)
kkさんの語ることの重要性を
そのときは理解できず
あとになって自分のレベルが追いついて
やっとわかることが多いのです。
どうかお許しください。

馬を描くのが面倒との説、ありがとうございました。
いろいろな角度から考えてみたいと
思います。
KK
2013年03月06日 12:06
アイディアに著作権はないからガンガンやるべし。

この記事へのトラックバック