「七人の侍」と現代/四方田犬彦

四方田犬彦の『「七人の侍」と現代』を読み始める。
黒沢明の映画が、日本以外のある地域では
現在進行形の「リアル」なものとして捉えられている現実に触れ
なくなったときにさほど感慨のなかった筆者が
再びクロサワについて考えるという内容。

日本でもこのところ、黒沢映画のリバイバルが
行われているが
神格化され、評価がきあがってしまっている
映画に、
どんなふうにアプローチして
いかに自由に語れるか
というのは大きなテーマかもしれない。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック