夢は夜ひらく

藤圭子が自殺した。
彼女が一世を風靡したとき私はまだ小学生だったが(3・4年生)
「新宿の女」とか「夢は夜ひらく」は覚えている。
というかその頃のことは思い出せないものの、
歌詞は断片的にだが覚えていて歌える。それだけ流行したということだろう。

じっと見据えて歌うおかっぱ頭(じゃないと思うが、そんな感じの髪)が
印象的だった。
「夢は夜ひらく」という歌の本当の題は「圭子の夢は夜ひらく」なのだと
改めて知ったのだが、聞けば「夢は夜ひらく」という歌は今までに50人近い人が
歌っているらしい。
有名なのは藤圭子のものだが、実はその前に園まりが歌ってヒットしている。
歌詞を変えて藤圭子が歌ってまた売れたということらしい。
そんなこともあってか、歌う人の名前をとって「○○の夢は夜ひらく」という題が数多くある。

ウィキペディアを見ると「原曲は、練馬少年鑑別所で歌われていた曲を曾根幸明が採譜・補作したものである」
とある。少年鑑別所で代々歌われていた歌なのだそうだ。
出自を知るとなるほどと思う。たしかにそんな感じと言われれば
(よくはしらないのに)そんな感じの歌だと思う。いい加減だが。

あの声と若いのに動じない雰囲気が
かっこよかった。安保で負けて
夢もえがけない世相に
「十五、十六、十七と私の人生暗かった」で始まる
暗い人生が歌われ
「どうすりゃいいのさこのあたし…」と来て
「夢は夜ひらく」と落とされると
本当にそうだよなぁという時代の雰囲気があって
その感じが、何も知らない小学生にも感受できたということは
それだけソウルフルな歌、というか歌手だったということか
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック