山梨県 明野処分場閉鎖に思う

先日、横内正明・山梨県知事が明野処分場を閉鎖する旨の表明があった。
最終赤字54億円
反対派を押し切り、推進してきたこの事業は
時代の流れが変わったことに対応できず
埋め立て期間を1年も残しながら、20万立方メートルの埋め立て容量のうち
4万7千立方メートルを使っただけで、事業未完了のまま終わる。
国の補助金4億5千万の一部返還も迫られる可能性があり
とんでもなく、みっともない終わりを迎えた。

2度に渡って異常感知が認められ、その都度操業は止まった。
しかし、それ以上にリサイクル意識がたかまり、当初より
搬入量は当初目標に達しておらず、計画のずさんさ、甘さが指摘される。

それにしても、いったいこの有様はなんなのだろう。
最終赤字54億円は、県費ということになるのなら、県税ということになるのだが
人口100万人に及ばない小さな県にしてみれば、決してやすい金額ではない。
本当に情けなくなる話だ。

もう一つ、地元山梨日日新聞は、鼻息荒く、署名記事で
ばんばん県を叩いているのだが、
今までの報道姿勢からみて、ここまで言うのなら、もっと
厳しいコメントが今までにもあってしかるべきではなかったのか、と
いいたい気もする
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック