iPodドック搭載スピーカー SOUND MUG/SONY

昨年の11月からハイゼットカーゴに乗っているのだが
その前まで乗っていたオデッセイに比べるといろいろ見劣りのする
所が多い。もっとも金額的にかなりの差があるのだから仕方がない。
と諦めてはいるのだが、音楽がまともに聞けないのは辛い。

もともと付いていたAMラジオでは、iPod(というか元はiPhone3GS)が聞けないので
FMラジオに変えてもらってFMトランスミッターで飛ばして聞いていた。
しかし、どのみち、この車にはスピーカーが一個しか付いてないのでモノラルなのだ。
音源が変わっても音はいつもAMラジオ並のモノラルなのだ。

さすがにこれには堪えられなくなった私はいろいろ考えてみた。
しかし、結局はスピーカーが一つなのだから、それをステレオが聴けるように
社外のものにして増設するか、現状で我慢するかしかない。
そもそもハイゼットカーゴは高速で80キロも出せば、うるさすぎて音など聞こえない。
しかし…
いろいろ考え、そうか、ドックスピーカーという手もあるかなと思い、ネットをうろつく。
そしたら既に生産中止にはなっていたものの
ソニーに、SRS-V500IPという「iPodドック搭載スピーカー SOUND MUG」という製品があった。
2011年製で最後なのでiPhone3GSまでしかサポートしていない。たぶんジャックの形状のため
なのだろう。なので4や4Sも大丈夫な気がするが、さすがに5以降は無理かも。
しかし使うのは正にその3GSなのだから文句はない。
ちなみにウォークマン用のRDP-NWV600Bは今も現役で売られている。
Bluetoothでワイヤレスというのが売り。iPhoneもBluetoothでいけそうな気がするが
とにかく今回はちょっと昔の、有線接続のSRS-V500IPにした。

まだヨドバシにあって夕べネットで頼んだら午前中には届いた。値段は6980円だった。

早速搭載してみる。
マグという名がついているように、マグボトルのような形状をした
スピーカである。単体。しかし、これでステレオである。
ソニーでは「Circle Sound Stage(サークル サウンド ステージ)」と呼んでいる。

車内に安定しておける場所が見あたらなかったので
少々荒療治をして強引に作る。それを手作りカバーで補修。
いよいよスイッチオン。おおっ、なんといい音。今までのモノラルの音とは
段違いだ。低音も効くし高音も響く。やった、良かった、これなら
長距離通勤になっても堪えられるぞ。

予想以上の音だったので大満足。
この製品、車内だけでなく家の中でも聞ける。専用のドックがついていて
リモコンもある。それからステレオミニジャック接続でもう一つ別の音源もつなげられ
切り替えながら聞くことができる。

とにかく、光明がさした。まるでハイゼットカーゴや軽トラで音楽を聴きたい人の
ためにある代物だ。(しかしカタログに出てくる写真は超高級車なのだが…)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック