『かぐや姫の物語』、『ダム・キーパー』、アカデミー賞ノミネート

第87回アカデミー賞のノミネート作品が発表された。
長編アニメ賞部門で高畑勲監督の『かぐや姫の物語』、
短編アニメ賞部門で堤大介氏/ロバート・コンドウ氏の『ダム・キーパー』がノミネートされた。

長編アニメ部門ノミネートは、宮崎駿監督の『風立ちぬ』に続いて2年連続。
短編アニメ部門も、森田修平監督の『九十九』に続いて2年連続。

『かぐや姫の物語』は、このブログでも感想をのべたがとても良い作品なので
ノミネートは当然とも言えるし、またとてもうれしいことだ。
日本では、いま一つこの作品の良さやすごさが実感されてないような
気がしていたので、今回のノミネートで評価が高まることを期待したい。

堤大介(Disuke Dice Tsutsumi)氏はピクサーのアートディレクターだった人で
「スケッチトラベル」の企画でも有名。
「ダム・キーパー」は未見だが、素晴らしい作品であることは間違いないと思う。

二つの作品を手がけたお二人は、年齢もテイストも違うが
素晴らしい才能の持ち主であることは同じ。
来月のアカデミー賞発表が楽しみだ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック