バンクーバーの朝日  雑感(ネタバレあり)

2014年 日本 石井裕也監督

TOHOシネマズ甲府で見る。満員御礼ということで席は一杯だった。
監督は石井裕也。「川の底からこんにちは」を娘と見たのが最初だった。
「舟を編む」の評価はいまさら言うまでもない。
脚本は細田守作品も手がける奥寺佐渡子。
美術は原田満生。足利市に当時のバンクーバーを作り上げ撮影した。

野球映画は、多分日本とアメリカくらいでしか受けないと思う。
ただ、それだけに日本人は「フィールドオブドリームス」の
ラストシーン、親子のキャッチボールに泣ける心性を持つのであり、
本作で、主人公の妹が歌う「Take Me Out to the Ball Game」も理解できるのである。

野球映画といえばもう一つのライン。「がんばれベアーズ」のラインがある。
下手くそだったチームが次第にうまくなっていく。この映画もその要素はきちんともっている。
ただし、それだけで終わっていない。
満州事変から日中戦争、そして太平洋戦争という
歴史の波に翻弄され、カナダの移民が強制収容所に
送られてしまう部分までを描いている。

歴史の重さと野球の興奮、両方を扱っている。浮かれすぎず、真っ暗になりすぎず
でも、やっぱり時代という運命に翻弄される「朝日」の選手たちとその家族、
当時の日本人移民の様子を描いている点は評価できると思う。

佳作である。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック