映画『バクマン。』雑感

2015年 日本 監督 大根仁

遅ればせながら、昨晩 TOHOシネマズ甲府で見る。

良かった。予想以上。かなり良いできだと思う。
原作ファン、ジャンプファン(往年のファンも含め)を裏切らない。
ジャンプを読んできた人には二倍も三倍も楽しめる。
CGシーンなんかも流れを壊すんじゃないかと心配したが
杞憂だった。そこもよし。

成功の理由。

1 キャスティング  絶妙、かなり良く考えられてる

真城最高 - 佐藤健
高木秋人 - 神木隆之介
新妻エイジ - 染谷将太
亜豆美保 - 小松菜奈
福田真太 - 桐谷健太
平丸一也 - 新井浩文
中井巧朗 - 皆川猿時
川口たろう - 宮藤官九郎
服部哲 - 山田孝之
佐々木 - リリー・フランキー

2 脚本
大根氏の本はかなり良い。原作の雰囲気を壊さず、省くところは省き
それでいてぶつ切り感もなく、場面のつなぎ方に工夫が見られる。

3 作品、ジャンプ、マンガを愛する心
良く出ていた。エンディングのクレジットまで楽しめる。

4 バックボーン
ジャンプを読んできた人には、十分なバックボーンがあり
一つ一つのシーンの奥にある元の場面とそれ至る長いストーリーが
映画自体に相当な深みを与えている。

5 実写の方がわかり易い
マンガでは地の話と、作中で書くマンガの境界が
難しかったと思うが、実写ではそれがない分
かえってわかり易い。

予想以上の佳作。面白い。また見たい。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック