オバマ大統領の広島訪問に思う

伊勢志摩サミット(G7)終了後、
オバマ米大統領が被爆地広島を訪問した。
歴代の大統領の中で初めてであり、
画期的な出来事だった。

それにしてもこの日が来るのに
70年以上の時間がかかったことになる。

オバマ氏の訪問が、核の問題を
変えていく全てではないが
全ての始まりであるとはいえるわけで
歴史的な日となった。

道のりはまだ遠い。被爆者のみなさんは高齢である。
生の証言を伝える機会も次第に少なくなる。

また、侵略者だった日本が、被害者的な立ち位置に
立とうとしているといった批判も聞こえてくる。

様々な意見や見方がある。
しかし、広島を訪れたことがある人はわかると思うが
イデオロギーや立場とは関係なく
核がいかに悲惨で非人間的なものであるか。
罪なき人をいかにして蔑ろにしたか。
多くの悲劇を70年後も絶え間なく生み出しているか。
見ればわかるし、聞けばわかるのである。

オバマ氏で終わるのではなく
これからも米大統領のみならず
世界の多くの指導者や
一般の人たちに来ていただきと思う。

そして日本は、声を大にして核兵器廃絶を訴えるべきだ。
それを言えるのは日本だけなのだ。
どんな思惑があろうと
どんなに理想主義に聞こえる人がいようと
それをするのがわが国の責任であり、使命だと私は思う。
画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック