『ONE PIECE FILM GOLD』 雑感

2016 日本
原作・総合プロデューサー 尾田栄一郎/監督  宮元宏彰

遅ればせながら観てきた。
派手な映画である。いたるところ金づくし。
声優も豪華で、アニメーション技術の素晴らしさはいまさらいうまでもない。

が、やや食い足りない感じがするのは
テゾーロとドフラミンゴが重なって見えるからか。
もちろん、これはある意味確信犯的な所作なのであろうが。

すでに、映画の物語構造がパターン化されている以上
なにをもってその壁を超克していくかといったら
アニメ技術や声優などの問題とは別に
物語になにからしらの工夫が必要なのだろうと思うが、
その点においてややもの足りなさが残ったのだと思う。

テゾーロの善人だったときの過去などの描き方は、
あれでいいと思うのだが、
それをしてなお「パタンだな」と思わせてしまう面があることは
否めない。

登場人物は、オリジナルも本編由来のキャラクターも
ある意味で、こういう映画なので、ここんところにこう配置してみました
的な感じがしてしまう。

もっとも、「エンターテインメント」を標榜するこの作品内物語を
メタ的な視点でみれば、その出来上がりは十分評価されて良いものだろう。

ただ、観客をもだます映画として
「スティング」以降「オーシャン11」などに続く位置におかれる事を
望むのであれば、ややだまし加減が甘い。

楽しめた。ただ、ワンピースの劇場版を製作することは
これからますます苦しく厳しいものになるだろう。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック