日本の政治は終わってしまったのか

共謀罪の趣旨を盛り込んだテロ等準備罪を新設する改正組織犯罪処罰法の
強行採決に対して一言でも意見を述べるべきであろうと思い、筆をとる。

「通信傍受法」「集団的自衛権」「特定秘密保護法案」そして
「共謀罪」

特に今回の強行採決は、議会を軽視しした暴挙である。
こんな決め方をして将来に禍根を残すことは間違いない。
「テロ」という言葉と「2020東京五輪」という行事を巧みに
利用して、委員会採決をすっ飛ばしてまで採決する。
それはなぜか?
盗聴法・スパイ法・共謀罪で一丁上がりといったところなのだろう。

現政権はこれ以外にも
「原発再稼働」「TPP」「沖縄」といった重大問題で
ほとんど数にものをいわせてごり押しをしてきた。

弱い野党をいいことに傍若無人の振る舞いをしてきたわけだが
野党がふがいなくても、国民の意識の変化まではとめられないだろう。
今回のことには、たとえ自民支持者であっても
眉をひそめた人はいるはずだ。公明党支持者にいたってはもっとであろう。

「森友」「加計」などもそう。本来ならどっちか一方で内閣なんて吹っ飛ぶというような
内容だが、いまだに居直って知らぬ存ぜぬといった態度であるが
これらも含めたさまざまな傲慢なイメージが国民の内閣にむける目の変化につながるだろう。
というか、変わろう。変わらなくては日本は終わってしまう。もう終わっているという気もするが
しかし、これ以上今の状態を続けさせてはいけない。

有権者を舐めきったこの政権に「否」を突きつけない限り
国民はどこに連れて行かれるかわかったものではない。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック