星野仙一氏を悼む

私の亡くなった父は若い頃から中日ファンで
私自身も幼い頃から中日ファンだった。
巨人ファンが圧倒的に多かった北海道で
異端というべき中日ファンだった。
昭和49年のリーグ優勝。
巨人の10連覇を阻止した原動力は
いつも吠えていて、巨人だけには絶対負けたくない男、
星野仙一だった。
彼は私の永遠のヒーローである。

NHKで解説をしていたときの柔和でクレバーな
面持ちと、監督になってベンチで扇風機を
ぶっ壊して怒っている姿のギャップがまた格好良かった。
たぶん「闘将」というイメージは彼があえて演じたキャラクタなのだろう。

奥さんが病気でつらいときもグランドではそのイメージを
守り、常に野球ファンの期待に応え続けた彼は
私にとっての永遠のヒーローである。

阪神の監督になったときは正直驚いたが
彼が監督している間は期間限定で
阪神ファンになることにした。

楽天はパリーグだったので迷うことなく応援した。
東北を常に励まし、日本一になったその功績は
計り知れない。
すごい男だと思う。
こんな選手も監督も他にはいない。

長嶋茂雄に、王貞治に、野村克也に、田淵幸一に、山本浩二に、
原辰徳に、田中将大にお悔やみを言われる人物である。

星野仙一は私の永遠のヒーローである。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック