ホーキング博士 逝く

スティーヴン・ホーキング博士がなくなった。
76才だった。
車椅子の物理学者として知られた博士は、
ブラックホールの特異点定理を発表して注目された。

私も「ホーキング、宇宙を語る」を読んで宇宙の神秘に
思いをはせた一人である。

病気と戦いながら人間の知性の果てしない可能性を
世界に示し、勇気を与え続けた姿に心から敬意を表したい。
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

KK
2018年03月17日 10:37
あの本を本当にわかっているひと世界にほとんどいないはずです。ブラックホールのエントロピーとか、あれを理解するには事前知識が問われるから。そのうえブラックホール蒸発の理論から宇宙虚時間誕生説までは素人には飛躍がありすぎてまず伝わらない。

この記事へのトラックバック