「ちはやふる-結び-」雑感

2018 日本 原作 - 末次由紀  監督・脚本 - 小泉徳宏  音楽 - 横山克
広瀬すず・野村周平・新田真剣佑・上白石萌音・矢本悠馬・森永悠希
松岡茉優・國村隼・優希美青・清原果耶・佐野勇斗・賀来賢人

2年ぶりの完結編
なかなかの仕上がりだった
全体に抑制が効いていて
しまった感じ。競技的にもドラマとしても
落ち着いた安定感があった。
今回は太一の成長物語的な要素が強いのだが
周防との関係などが興味深く作られていた
原作にはないオリジナルの予想的展開もあるが
全編に高校部活動が青春の一コマであり、輝く瞬間であるという
とらえ方があり、負けた他校の最後のミーティングなどに
とてもいい場面を作っている
そして千早自身が…という最後の展開も決して無理がなく
三編見てきた人には受け入れられるラストシーンではないかと思う
筆のタッチのアニメシーンも良かったと思う

小泉監督の脚本力・演出力を高く評価したい
画像


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック