ジアス演出部

アクセスカウンタ

zoom RSS 名門校とは何か? −人生を変える学舎の条件−

<<   作成日時 : 2018/11/01 16:44   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

おおたとしまさ 朝日新書
2015/02/28

【目次】
第一章 日比谷高校の悲劇
第二章 旧制中学からの系譜
第三章 藩校からの系譜
第四章 女学校からの系譜
第五章 専門学校・師範学校からの系譜
第六章 大正・昭和初期生まれの学校
第七章 戦後生まれの星
第八章 学校改革という決断
第九章 単なる進学校と名門校は何が違うのか

紹介されている学校
日比谷・開成・麻布・浦和・済々黌・修猷館・鶴丸・修道
女子学院・雙葉・神戸女学院・浦和第一女子
慶應義塾・筑波大附属駒場・お茶の水女子大附属・東京学芸大附属
武蔵・桜蔭・東大寺・灘
栄光学院・ラ・サール・駒場東邦・聖光学院・渋幕・西大和
海城・豊島岡・鴎友・堀川

もう3年前の本だがいろいろな学校の様子を知るのは楽しい。
名門校の条件について筆者は
「自由」「ノブレス・ブリージュ」「反骨精神」をあげている。
上記の学校の中には校則の無いところも多いが
自由とは他人のせいにはできないこと、としている。
ノブレス・ブリージュとは、いつか社会のためになる、と思うこと。
反骨精神とは、現行の社会に対して疑いの目を持つこと。
あえてSSHにならない武蔵やSGHを申請しない鴎友は
そもそも独自の理念が有り、規制の概念では考えていない。
そしてこの三つを備えた上で、名門校にはさらに共通項があるという。
それは「生きる力」。生徒のではない。学校に「生きる力」があるのだという。
学校は生き物であり、取り巻く環境はたえず変化している。
そうした環境に、柔軟に、それでいてぶれないで対応していける
そんな力をもった学校は魅力的に輝いて見えると述べている。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おお、さっそく読んでみます面白そう。
例の本がいま8合目を越えて、全国の高校入試分析なんてのを綴っていますが、大阪府の入試問題(3ランク制のあれ)を分析していくにつれて頭が痛くなっております。「こんな英語あるか!」とかね。あんなんで高得点して山王寺高校とかにひとが進学しているのかと思うと、英語オンチが日本にまん延する背景がよーくわかる。それから都立高校入試の国語問題も分析してみて、3つのイデオロギーで回っていることに気づいたりして。国語の先生が読んだら苦笑いされるかな。
KK
2018/11/02 02:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
名門校とは何か? −人生を変える学舎の条件− ジアス演出部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる