華氏119 雑感

2018年 米国 
監督・脚本・出演 マイケル・ムーア

トランプ大統領を追いながら
米国の現状を描く。
特に民主党の内部事情が痛烈で
トランプ批判よりも強烈かもしれない。

民主党が行った選挙の不正
(バーニー・サンダースが55郡全てで勝っていたのに全て
ヒラリー・クリントンの勝利にした)
ミシガン州フリントの水質汚染、
ウエストバージニア州で教師のスト、
フロリダ州パークランドの高校銃乱射事件をとおして
全米が民主主義から遠く離れ
自壊していくかのような様相が映し出される。
そんな中で、懸命に頑張る人たちも登場するが
むしろそれが逆説的に映る。

アメリカはもうボロボロじゃないか・・・
しかし、次に瞬間、これと似たような
あるいはもっとひどい国があることに思い当たる。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック