ジアス演出部

アクセスカウンタ

zoom RSS 受験学力 雑感

<<   作成日時 : 2019/01/07 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

和田秀樹  集英社新書   2017/03/22

少し古くなったが
2020年からセンター試験に代わって登場する
新テストに対する批判が述べられている。

新テストが採用する集団面接や小論文などは
都市部の中高一貫6年制学校に有利で
また、親の学校歴(学歴)に応じて格差の出る状況が
一層進行する可能性があること。

今までの受験のあり方でも「生きる力」は養成できるし
基礎学力の不足は新テストの目指している理想の姿から
自ら遠ざかる結果をひき起こすのではないか。

などの主張が展開されている。
言い悪いではなく実践に基づく筆者の自信のようなモノを
感じる事ができる。

結果が芳しくない場合を想定して
逃げ道、というか選択肢を残しておくべきだ
という見解はそうだろうなと思う。
全てが右向け右でなくてはならないというのは
補助金を質にとって変革を強要していることだ
という筆者の考えも、過激だが一理あるかも。

いずれこれからの日本を考えたとき
いまのままではいけないという
現状認識は筆者も含め多くの人がもっており
それをどういう形で実行するかという
方法論的な側面がある。

新テストのあり方は未だ見えてこず
現場は苦悩していることを考えると
すでに2年近く前の本ではあるが
心情的に肯定したくなる部分はある。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
わだひできぃ〜?「受験は要領」の殺し文句で歴代の受験生を煽って印税を稼ぎ倒した方ですよ、受験戦争肯定(=現状維持)に論を持っていくにきまってます。前にアキハバラで無差別殺人事件があって、その犯人が彼の受験指南書を真に受けて挫折した末に狂気に走ったことがわかると、和田氏も罪を感じたのか、歯切れの悪いコメントを出していました(検索する気にもならない)。
KK
2019/01/08 00:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
受験学力 雑感 ジアス演出部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる