上高演劇部 2019卒業

今日は上野原高校でも卒業式があった。
いまは離れて出席することはかなわなかったが
学舎を去る5人の演劇部員たちに心から
お祝いとお礼を言いたい。
「575」「メロス」で自分たちにできる最高の舞台を
ともに目指したあの日々は、わたしにとって至福の時だった。

東京芸術劇場の前で必ず出場校として
ここに来ようと5月に誓い、その年の12月に
関東大会の舞台を踏んだ「575」

身体表現を追求し
舞台装置をほとんど使わすに
演じた「メロス」。
結果は県大会止まりだったが
いまでも最高の舞台だったと思う。

「七人の部長」「夏休みの風景」「山姥」・・・・
様々な舞台の思い出が走馬燈のように過ぎてく

ありがとう。
君たちの前途を心から祝福する。
仮にどんなことがあったとしても
上高演劇部で頑張った君たちなら
乗り越えていける。がんばれ。
いつでも応援している。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

お礼申し上げます
2019年03月02日 12:22
拙い自身の感想を述べさせて頂くならば「メロス」が最高の舞台だったと確信しております。先生が上高を離れてから、先生の高校演劇への思いの深さ、その有り難さを知って、娘は本当の感謝の念を抱ける大人の女性になったと感謝しております。心より御礼申し上げます。いつまでもご自愛ください。
ありがとうございます
2019年03月02日 12:32
拙い自身の感想を述べさせて頂くならば「メロス」が最高の舞台だったと確信しております。先生が上高を去ってから、先生の高校演劇に対する思いの深さ、有り難さを知って、娘は本当の感謝の念を抱ける大人の女性になったと感謝しております。本当にありがとうございました。いつまでもご自愛下さい。
はやおとうじ
2019年03月02日 23:25
少しでもお役に立てたなら嬉しいです。
上高演劇部での経験がこれからの
人生での支えになってくれたらと
願っております


この記事へのトラックバック