一高演劇部 新歓公演への道33 ポスターできる

夕べ遅く部長が作ったポスター2種と
明日の新入生オリエンテーションで配布する
勧誘チラシがメールで送られてきた。
学校で印刷、校内に掲示。

今日は生徒総会と納め式。
私は仕事が離せずPCとにらめっこ。

午後は成績会議と職員会議
いよいよ年度も押し詰まってきた。

16時30分過ぎに稽古場へ。
そしてある場面を照明と音でつくって
台詞を言ってもらう。
ミザンスが先で後から内面を
作るわけではないことを知ってほしかった。

ビジョンがないこと、演劇でお客さんを喜ばそうという
欲がないこと、言われたことはできるが自分たちで
作れないこと

「待って」とか「部長・・」といった短い台詞が
なぜ発せられるかほとんど考えてないこと

台本を台詞を覚えるためにあるものだと思っていること
誰一人、真の意味で台本を読んできてないこと

このレベルをどうやったら卒業できるのか

そして彼らはどうして何時もびくびくして
模範解答を求め、自信のかけらも持てないのか

ずっと自分たちでやらせて
見てるだけ、あるいはいるだけで見てもいなかったが
自分たちで進められないなら
演出の権利を私に戻しても良いかと思う
あるいは失敗も一つの大切な経験と割り切り
間に合わないとは思うが最後までまかせるか

とにかく補習だ追試だなんだで役者が
全員集まった日の方が少ないのが何よりの悪

満点とれとは一言も言ってない
お願いだから赤点とるなよ
バカには演劇はできないのだよ
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック