「人間失格 太宰治と3人の女たち」 雑感

2019 日本
監督/蜷川実花
脚本/早船歌江子
出演者/小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ
    成田凌 千葉雄大 瀬戸康史 高良健吾
    藤原竜也

文豪ブームというか、太宰好きな人が多いのか
こういう映画が撮られるのかという感じ。
小栗旬が頑張っていてそれなり。
ま、フィクションなので割り切って見るべきなのだろう。
蜷川氏らしい色使いや演出がマッチしているのかは
別にして、映像としてはきれいだ。

戦争の陰も形もなかったが、如是我聞とかに
行く行程に戦争は欠かせないし、斜陽にせよ
人間失格にせよ、価値観の大転換というファクタは
必須だと思う。ただ、この映画では「戦争」というファクタは
夾雑物になってしまうということか。

昔、TBSで石坂浩二郎が太宰やっていた「冬の花火」の
印象が強く、太宰はあっちの方が近いかなという
気もしないではない
女優陣は好演だと思う。3人が同時代の役者として
この時期に共演するのはいいのではないかと思って見る。。002.jpg
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント