一高演劇部 県大会への道6 地区大会後初通し

1日稽古。
午前中は、大幅に変更した箇所を
定着させるための稽古。
照明はSSや単サスのセッティング。
午前中で照明の1年男子が帰る。
昼休み後は新たに照明ボードのオペをしてくれる
2年女子が来てくれた。彼女は地区大会で舞台係を
急遽手伝ってくれた人。現部長の双子の姉である。

1時間30分、午前に続き変更箇所の稽古をして
14時30分から地区大会後初の通し。
照明ボードの初オペレーション。
ナレーションや字幕を使っていた箇所を大幅に
現有の3人の役者に割り振って、なるべく生の声で
表現するように変更。

まだ定着してはいないものの
方向性としては良し、と思っている。
時間は58分08秒。

まだまだ『maj7』は進化する。IMG_1174.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

KK
2019年10月27日 08:01
今朝の日経最終面(文化欄)に高校演劇の随筆があって感動ものです。ある小説家の方が、自作のひとつが某高校で演劇化されたので観劇して、上演後に主役の子といろいろ話し込んで…おすすめ。
はやおとうじ
2019年10月29日 14:02
KKさん コメント有り難うございます。
辻村深月さんの
「オーダーメイド殺人クラブ」を舞台化した
高校演劇部の話ですね。
辻村さんは山梨の石和の出身なんですよ。