一高演劇部 県大会への道11 初通し 

昨日は全学年模試で稽古はできなかった。
今日はオリジナルの部員3名と照明の1年男子の4人。
基礎練習中に照明の子と5日の出場校打合せでの聞き取りの練習をする。
照明担当のもう一人の子が入院してしまったので
とにかくコンお1年に全部を引き受けてもらうしかない。
基礎練が終わった役者は一昨日の宿題をやってもらう。
みないろいろ試行錯誤している。及第点の出る者のいるし
そうでない子もいる

その後、台本を大幅に変更してから初めての通しをする。
60分55秒。台詞は忘れるし、段取りはすっ飛ばすしで
時間が相当かかった。
が、内容は、というか台詞の出を変えたところは
全て変えて良かったと思った。

人は揃わない、どころか現状また人が足りないという
きわめて厳しい環境にありながら、彼女たちが挑戦しようとしている
演出の変更は機能している、と今日思った。

後は何回通せるか。また何回リハリハをできるかだが
時間との闘いもなかなか厳しい。大会の翌日から定期試験、ということは
大会前はテスト1週間前で部活禁止なのだ。特別許可を取っても時間は限られる。
この条件下でどこまでできるか。

今年のイバラの道は長くて厳しい。IMG_1158.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント