一高演劇部 3月公演のへの道59 公演中止

今日で期末テストが終わった。
稽古が再開する。
しかし、今日の朝、管理職から20日までの部活の公演などは
開催が難しい旨言われていた。

今日はその報告の後、2週間ぶりの通しをした。
私は、役者の台詞はさぞかし抜けているだろうと
考えていた。しかし、いざ通しが始まると
台詞は落ちていないどころか、全体的に芝居が良くなっていた。

そして、これが県の予選だったら、県大会だったらと
想像するようになり、審査員の目線で見始めた。
要するに、いい芝居をしているのである。
テスト期間中、台本を読み、自分なりに稽古していたのが
窺える。県大会突破は既成でもあり難しいかもしれないが、
予選で落ちる芝居ではなかった。

そのことは正直に伝えた。
そして褒めるところは褒め、ダメ出しをして
明日も頑張ろうといって帰宅。

TVで3月2日から春休みまで、全国の小・中・高校・特別支援学校が
休校に入るというニュースを見た。

これで公演中止は決定的になった。
しかし、この芝居は見てもらう価値の大いにあるものである。
作品として素晴らしいのはもちろんのこと
演技をしている、また音響、照明、舞台を担当している生徒たちの
到達点も高い。
フェミニズム、ジェンダー、フクシマといった観点からも
今、上演する意義の深い作品である。

その思いを強くしていただけに残念だ。しかし、4月でも
やれる時を見つけて絶対に舞台にかけたい。そう思う。IMG_1820.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

KK
2020年02月28日 11:47
休校要請のニュースで最初に気になったのは皆さんのことでしたが、やはり中止ですか。