一高演劇部 3月公演への道51 北関東大会2日目 および結果速報

今日も快晴。
7時30分学校出発。部員1人は家の事情で急遽欠席。
3人で茅野市民館を目指す。
8時35分到着。入口の前で栃木高校の部員たちが
路上にいる人からお題をもらってインプロをしていた。
後で、これが上演のため練習とわかる。うちの部員も一つ
お題を提供。

今日のラインナップは

9:30~ 埼玉県立新座柳瀬高校「[hénri]!」ジョージ・バーナード・ショー/原作、稲葉智己/翻案
10:50~ 東京都立東高校「僕の父には名前がない」三輪忍/作
12:10~ 長野県木曽青峰高校「お前に自転車の乗り方を」日下部英司/作
13:50~ 栃木県立宇都宮高校「されど、ブヨは尻で鳴く。」アリストパネース/作、高津春繁/訳、宮野鉄平・荒川皓佑・畑康博・宇高演劇部/翻案
15:10~ 伊那西高校「蛹の夏」渡辺泰徳/作、伊那西高校演劇クラブ/潤色

の5本。いずれも個性あふれる熱演で、大いに刺激を受ける。
結果は以下の通り

最優秀賞
☆川越『いてふノ精蟲』(全国大会へ)

優秀賞(上演順)
長岡『ドレミの歌』
東京都立東『僕の父には名前がない』
宇都宮『されど、ブヨは尻で鳴く。』

創作脚本賞
木曽青峰『お前に自転車の乗り方を』


全国大会推薦校(二会場共通)
☆静岡理工科大学星陵『日本の大人』(富士会場)

春の全国大会
★甲府南『イノセント鉄道とぼく』(富士会場)
★長岡『ドレミの歌』(茅野会場)

これで全校大会(高知大会)には
県立松戸の『ゴリラゴリラゴリラ』と川越と静岡理工科大学星稜の3校
春の全国(春フェス)(新潟市リュートピア)に甲府南と長岡の2校が最終的に確定した。

全出場校の皆さん、お疲れさまでした。IMG_1693.JPGIMG_1696.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

KK
2020年02月03日 00:45
なんとなく青春ロボコンの雰囲気。