小松政夫氏を悼む

コメディアンの小松政夫氏が亡くなった。

私は今59歳だが、私以上の年齢の方は
シャボン玉ホリデーから
電線音頭、しらけ鳥音頭、小松の親分さん
など伊東四朗氏とのコンビでの笑いなど
リアルタイムで見てきたことだろう。
淀川長治のものまねや、「どーかひとつ」、「あんたはエライ!」、
「上手だね、上手だね、上手だね」等のギャグも懐かしい。
個人的には「悪りーね、悪りーね、ワリーネ・デイートリヒ」が好きだった。

植木等の付き人時代のエピソードなどは
2017年にNHKで放映された「植木等とのぼせもん」に詳しかったが
あのドラマは当時顧問をしていた上野原高校演劇部でも見るように勧めていた。

役者としての小松氏も好きで
「前略おふくろ様」の政吉なんかが良かった。
いつもとはひと味違った雰囲気に、当時驚いた記憶がある。
昨年の舞台「うつつ~小松政夫の大生前葬~」には西高演劇部OGの帯金ゆかりも出演していて
そんなことも印象深い。

映画「笑の大学」で青空寛太を演じていたが
戦前からの笑いのDNAを引き継ぎ、昭和・平成・令和と
活躍したコメディアンであったと思う。

実に寂しいし、悲しい。ご冥福をお祈りする。C83OGreUMAA7vnk.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

帯金
2020年12月30日 14:41
まさかの訃報に言葉を失いました。

共演しているときは、役者として、芸人として、大切なことをたくさん教えていただきました。

忘れず精進しようと思います。
はやおとうじ
2020年12月30日 20:03
思い出や体験は常に個別的でプライスレスだ。あなたのものでしかない。
小松氏と一緒の舞台に立った経験は
財産だ。大切にして故人に報いなさい。