「七人の部長」を見る

今日は朝から強風が吹きすさび
体感温度が低かった。
結構いろんなモノが飛んで、びっくりした。

さて、今日の部活は現有メンバーが全員そろったので
満を持して「七人の部長」を見た。
私自身は国立の優秀校発表で直に見ており
ビデオも何十回見たか分からない。
実際に顧問をしていた演劇部で上演したことも
何回もある。
しかし、一高の今の生徒には
練習用台本として一部をさせたことはあったが
ビデオは見せなかった。
皆、「見たい」と言っていたが見せなかった。

「ホット・チョコレート」を上演予定で稽古し
実際にはコロナで出来なくなったが、それがあったので
今日見ることになった。
特に副部長は将来、自分が演出で上演するつもりだったので
唯一台本を全て読んでいた。

そんな部員が見た「七人の部長」は、
彼らの予想を超えてすごい出来だった。
副部長は打ちのめされて言葉が出ないという。
自分たちが考えるゴール地点の遙か先まで行っていたのだ。

「七人の部長」は今となっては古典で、もうやり尽くされた感がある。
しかし、今でも(だからこそか)2001年の川之江高校のあの舞台の完成度の高さは
特筆に値する。

それを見たあと、「うけかけのエチュード」として短い台本を行う。
今月の残りはこれを磨きながら
さらにビデオを見、エチュードとダンスをし、
そして新歓公演の台本決めをする予定。

冬来たりなば春遠からじ
つらい時期ではあるが、我々は春に向けて確実に伸びてきている。

追伸、南北関東大会は上演中止となり、ビデオによる審査となった。
IMG_3461.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント