息子の29回目の誕生日

今日は死んだ息子の29回目の誕生日。
例年通り、家内がチョコケーキを焼き、
私はそのとき話題になっているCDアルバムを
プレゼントとして用意した。

CDという時代でもなくなりつつあるが
今日で23枚目のアルバムということになった。

今年はYOASOBIの『THE BOOK』。

ローソク消し東京にいる娘もネットでつないで
母、家内、娘、私の4人で行う。

29歳とは、時の流れの早さに驚く。
私は27で結婚したがなかなか子供に恵まれず
30になって初めて授かったのが息子であった。
その彼が来年は30歳になるのだから
ワンジェネレーションたったと言うことだ。

毎年書くが、子を失った親の悲しみは
つきることがない。激情はおさまっても
悲しみはむしろ深まる気がする。

このところ、天災や病気、交通事故、
そしてそれ以外の悲しい理由で
心が砕け散るほどつらい目に合っている
親がたくさんいると思う。

その思いはたぶん癒やされない。
その悲しみに生きている限り向き合うことが
その子の生きた、そして今でも胸に生きる
証拠だと信じて生き続けることが、
残された親の使命だと思う。IMG_3482.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント