一高演劇部 新歓公演への道25 客席を作る

今日は日曜日。1日練習。 明日から卒業式、後期入試会場つくり、後期入試、その採点と 5日間も部活ができない。 なので今日は、立ち稽古をできるだけ、と思ったが 部員が一人体調不良で休んでしまい、予定通りにはいかなかった。 それでも、基礎練習では、ダンスに40分ほどかけずっと踊っていた。 ダンス部かと思えるほどの熱の入れようであ…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道24 卒業する元部長が来てくれる

今日は、表彰式。 昔は卒業式の日に行っていたが 時間もかかるのでずいぶん前から卒業式の 前日に行い、あわせて卒業式予行も行うようになった。 しかし、今年は新型コロナウィルスの影響で 2年は体育館で参列したものの、1年は教室で リモートで見学する形になった。 明後日の卒業式は2年も1年も参列しない。 というわけ…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道23 部活再開

今日で試験が終わり、卒業式に備えた大掃除をして、 その後部活。 今日は寒かったが、雨など降らずに助かった。 明日は表彰式と卒業式予行。 明後日は休日で1日部活。 1日は卒業式。ただし基本3年とその保護者だけで 1・2年は登校しない。14時30分以降部活ができるが それだと2時間くらいしかできないので 日曜に1日練習をする…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道22 明日から部活再開

昨日、このブログだけでなくTwitterでも 新歓公演の告知をした。 告知したからには後には引けない。 たとえイバラの道でも匍匐前進する覚悟で行く。 明日で学年末試験は終了。卒業式に向けて大掃除をして放課。 その後12日ぶりの稽古。せりふも芝居勘も落ちただろう。 もう一度気を引き締めて「0」からの出発。 と同時…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道21 フライヤー作る

今日は後期期末試験2日目。 担当の国語総合・現代文分野があったので巡回。 その後、採点作業に入る。 私は採点は好きだ。結構楽しみながらやる。 返却日が近い時はかなり馬力を入れて短時間で行うときもある。 余裕があるときはじっくり、生徒の顔など思い浮かべて行う。 新入生歓迎公演のフライヤーを作る。 いよいよ告知となれば、後…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道20 新歓公演上演予定

今日は天皇誕生日で休み。部員は試験勉強に励んでいただろうか。 風はあったが、今日も日差しが暖かい小春日和。 このまま春になればと思うが3月1日の卒業式は雨の予報である。 さて卒業式の後は高校の後期入試で、 いよいよ来年度が間近に迫る。 コロナの関係で新入生歓迎のチラシ配りなどはできないが なんとか新歓公演のアッピール…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道19 「夏休みの風景」のポスター

今日から後期期末試験が始まった。金曜日まで。 一日穏やかに暖かかった。気温は21.9度。昨日とほぼ同じ。春の陽気だ。 さて、「夏休みの風景」の外回り、最後はフライヤーやポスター。 広報活動はとても重要。 どんなに素晴らしい舞台ができても、その存在を誰も知らなかったら 見てもらうことはできない。客のいないところでする芝居…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道18 「夏休みの風景」の音響

「夏休みの風景」の音響について。 必要なSEは ・セミの声(ミンミンゼミとヒグラシ) ・夕立の音(雷と雷鳴) ・校内放送(チャイムと生徒指導部の鬼山先生の声) である。 ここは、今までのどの公演でも同様である。 しいて言えばBGM OPの曲は ・西高のオリジナルバージョン…アコギがメインの洋楽 ・一高の2010年…
コメント:0

続きを読むread more

甲府22.3度

今日は叔父の葬儀があり 富士川町にある火葬場に行った。 とても良い天気で春の到来を感じさせるような陽気だった。 優しく博識な叔父は88歳の天寿を全うし 大往生であったと思う。 悲しみや、寂しさはもちろんあるが 心から感謝したい。 葬儀が終わって帰る車の中は ポカポカで、後から22度もあったことを知る。
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道17 「夏休みの風景」の照明

昨日に続き新歓公演「夏休みの風景」の外回りの話。 今日は照明について。 基本的に真夏の屋上という設定なので 自然光の再現となる。 真昼の日差し、夕立の時の暗い空、夕焼け。 この三つを丁寧に表せるセッティングとなる。 そのためには十分な前明かりとともに ホリゾントライトがどうしても必要になる。 昨年、ヤフオクで…
コメント:0

続きを読むread more

大坂なおみ選手 全豪OP優勝 おめでとう

大坂なおみ選手が 全豪OP決勝でジェニファー・ブレディ選手(米)を 6-4/6-3で下して2回目の優勝。 グランドスラム通算4回目の優勝となった。 技術はもちろん、精神面での成長が著しく 大人の試合運びという感じで、危なげない試合だった。 コートの内外での信念をもった行動に表彰式でも 賛辞が述べられていた。素晴らし…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道16 屋上をどう表現するか

さて、テスト期間中で部活はないが テスト明けから30日で芝居を仕上げるという 荒仕事がまっているので 外回りの仕事は埋めておきたい。 一つは装置、 二つ目は照明、 三つ目は音響、 四つ目はフライヤー、ポスターといった広報。 そこで今日は装置について。 アクティングはほぼ決めたとはいえ どうやって屋上という…
コメント:0

続きを読むread more

フライヤー

昔はチラシと言ってた。 折込チラシに各劇団を炎天下回った。 今は折込代行業みたいのが定着しているが 昔はカートに何千枚もチラシを積んで 都内の小劇場を歩いて回った。 ジアスのチラシも 自分で作ったり、教え子でそういう勉強している子などに 頼んで、プロに作ってもらったことはない。 印刷も、地元の印刷屋さんに出してい…
コメント:0

続きを読むread more

「Vレンジャー -最後の聖戦-」と「夏休みの風景」と「ノー・ファール」

「Vレンジャー -最後の聖戦-」(1996年2月)は、 演劇プロデュースユニット・ジアスの旗揚げ公演の演目。 正式な題名は、 「Vレンジャー-最後の聖戦-~地球を救ったオカマ オナベ そのヒモの物語~」 と長い。 デパートの屋上で戦隊ショーをやっている人々の話。 挫折した元高校球児がいたり、眉毛の太いオカマの眉ちゃんや、やた…
コメント:0

続きを読むread more

陰陽師

原作 夢枕獏 / 岡野玲子 1993年5月26日 - 2005年5月28日 JETS COMICS 全13巻 手塚治虫文化賞 マンガ大賞(2001年) 第37回星雲賞コミック部門(2006年) 原作を離れ、岡野のオリジナルになったあたりからが面白い。 画力、壮大な時間、運命の力に圧倒されそうになる。 意味もなく落涙しそう…
コメント:0

続きを読むread more

人間ドック

今日は人間ドックに行った。 朝から雨で肌寒い感じがした。 特に悪いところもなさそうだったが、 胃カメラがここ3年で一番つらくなく 終えることができて、うれしかった。 待っている間、新歓公演「夏休みの風景」の ことを考える。 いい芝居にしたい。
コメント:0

続きを読むread more

震度6強の地震発生する

昨夜23時過ぎ、宮城・福島両県で震度6強の地震が起きた。 3.11から間もなく10年。東北の人にあの日の恐怖や悲しみを 蘇らせる出来事だった。 甲府でも震度4。かなり揺れた。 私はベッドで本を読んでいたのだが すぐに収まるかと思っていたら いつまでも続き、かなり強かったので 起きて下の居間に行く。母と家内が ニュース…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道15 テスト前最後の稽古

今日が後期期末試験前最後の稽古。 土曜学習会の後、13時から。 シノザキ、ダンスのあと 今日もじっくりと発声。 人の声を聴くこと、その会場での響き具合を聞くこと。 一高の弱点といわれる発声を少しでも改善するため 毎日発声練習はいろいろと方法をかえ、緊張感を保って 行っている。 その後、本を持って立ち稽古。 今日…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道14 顧問会議

今日は顧問会議があり身延高校へ。 稽古は生徒に任せた。 顧問会議では、関東大会に出場した身延と甲府南の報告が あったのだが、かなり運営がグダグダだったようだ。 ビデオ審査になったのが年が改まってから。 最初は県大会のビデオを送ってほしいとのことだったらしい。 県大会以後稽古して磨いてきたので、その旨各方面から問い合わせが…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道13 胎動

今日は、1日部活。 午前中はシノザキ、ダンス、発声・活舌。 特に発声はじっくりと他者の声を聴くようにして 時間をかけて行う。 続いて本読み。残り10数ページを2時間半かけて。 一応演出プランに基づく演技リクエストは伝え終わる。 昼食。 午後は、舞台を確定し、客席のサイズなどを考える。 アクティングエリアを決め、ミザンスを…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道12 進歩

今日も本読み。 途中、生徒会の新入生に部活紹介をするための ビデオ撮影が入る。 これは部員にすべて任せていたので 私も初めて見たのだが、20秒に新歓の思いを こめて演じていた。 今日は4~5ページしか進まなかったが しかし、確実に進歩している。 こういう時期は楽しい。 部員の数は減ったが、残ったメンバーで し…
コメント:0

続きを読むread more

森山周一郎氏を悼む

森山周一郎氏が亡くなった。肺炎。86歳。 「刑事コジャック」の印象が強い。 『紅の豚』のポルコ・ロッソ。 個人的には「キャプテン」の青葉学園のサングラスをした監督。 氏は劇団東芸第1期研究生だったのでもともと舞台俳優だった。 実際役者として時代劇やアクション映画で活躍された。 声優としては洋画の吹き替えを創成期からさ…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道11 録音

さて、キャスティングが決まり 本読みが続く。 今日は、特別なアドバイスはしないで 本読みの3ページくらいをスマホで録音。 稽古場の音響システムで全員に聞かせる。 次に、その場面のサブストーリー (新入部員たちが屋上の発声練習が恥ずかしくて 声が出ないときに、部長の陽子先輩が、グランドにいる 野球部やサッカー部に「私が演劇…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道10 キャスト決定

今日、一高は来る2月27日(土)の代休でお休み。 この日は卒業式前の表彰式と卒業式予行の日である。 さて1日練習となった今日は、 午前中はシノザキ、ダンス、発声をし、 オーディションの代わりに自分の希望する役での 本読み。第一希望、第二希望を聞き、配役するも 全員の希望通りにはならず、いくつかの役は私のほうで配置した。 …
コメント:0

続きを読むread more

神々の山嶺

『神々の山嶺』 作 夢枕獏/画 谷口ジロー 2000年~2003年、「ビジネスジャンプ」連載 2001年、文化庁メディア芸術祭マンガ部門「優秀賞」受賞 2月11日は谷口ジローの命日。まもなくやってくる。 この作品は50代前半の作。 夢枕獏の原作を丁寧に画に起こしている。 孤高のクライマー羽生丈二の生涯と 彼を追った…
コメント:1

続きを読むread more

温かい

今日は桜でも咲くかというような 穏やかな1日だった。 家の梅も青い空に映えてきれいだった。 庭の仕事をしたが、途中で暑くなり 半袖のTシャツで作業をした。 このまま貼るになることはないだろうが 早く春が来て コロナも収まってほしい。 そうそう 毎年行っている秩父農工の自主公演だが 2月13・14日だったのが 3…
コメント:0

続きを読むread more

 一高演劇部 新歓公演への道9 仮役での本読み終了

今日は、副部長が休みだったが 一昨日4役目で残り5ページ残しだった本読みを終え、 引き続いて5役目での本読みを行う。 副部長の役は私がやった。 その後、時間があったので現時点での 希望の役をそれぞれ割り当てて BGMとSEも入れて入れ込んで読んでみる。 なかなか楽しい。 何となく形がぼんやりとではあるが見えてきた。 …
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 定期公演への道8 本読み再開

今日も会議があって部活に出るのが遅れた。 行ってみると、発声練習の最後の早口のところだった。 それを見終えて 久しぶりに本読み。1人5役をこなす本読みのうち 今日は4役目だった。 上野原、一高の先人がやったビデオを見た後だけに うけかけ、間などが良くなっている。 手応えのある本読みになった。 明日は週休日で稽古は…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道7 一高演劇部H31新歓『夏休みの風景』を見る

今日は会議が二つあって部活に出るのが遅れた。 基礎練習の後は一高の平成31年度新入生歓迎公演 のビデオを見る。 去年まで部長だったIさんの初舞台でもあり、他の役者も 教えに来てくれたりしたので顔見知り。 そんな知った人がやっている『夏休みの風景』である。 出来は昨日見た上高の方が練度が高い。 また、うち(一高)はよく発…
コメント:0

続きを読むread more

一高演劇部 新歓公演への道6 上高演劇部H29新歓『夏休みの風景』を見る

今日は、1年部員が1人通院で欠席。 基礎練習後、上野原高校演劇部の平成29年度新歓公演の 『夏休みの風景』のビデオを見る。 皆食い入るように見る。メモをとる。 役を回しての本読みも後半戦。今週中にキャスティングが 決まるので、同じ作品をしている先人のビデオは 自分の演技に刺激とヒントを与えてくれる貴重な資料だ。 久しぶ…
コメント:1

続きを読むread more