一高演劇部 新歓公演への道52 4回目の通し

午前中は、1年部員が一人いなかったので
立て看板作りや装置の補修をする。
私は追認試験の教科会議と職員会議。
それが終わって稽古場に行って
できたばかりの立て看板を
1年部員と外に立てる。なかなかいいのができた。

昼食終わって、おやつと飲み物を買って稽古場へ。
今日は甲府は26度という夏のような陽気。

午後は、衣装合わせ。持ち寄ったTシャツとパンツを
色味で決めていく。
それが済んで今日も14時30分から4回目の通し。

今日の時間は55分03秒。前回より1分30秒も長かった。
前半は早く過ぎたように思った役者が多く
後半はせりふ落ちがたくさん出て、時間がかかった感じ。

しかし、問題は時間というよりは
役者が自分のことでいっぱいいっぱいになってしまい、
セリフのない時のリアクションが取れてなかったり
セリフを出すのがやっとになってしまい余裕がなかったこと。

余裕が持てない最大の原因は「自信がない」ということ。
これは何十年も顧問として言ってきたことだ。
自信なんて誰でもそうはもてないかもしれないが
ならば、自身があるようにふるまうことをしろ、役者なんだから、ということ。
余裕がなくてもあるようなふりをしていれば
本当に出てくることもあるし、
何より客が役者を心配したり、憐れんだりしなくて済む。
それは演劇にとってはとても大切なことだ。
だからなくてもあるような顔をしている必要があるのだ。

部員たちは悩みもするが
それでも日一日と上達はしている。
だから、本当に自信を持っていいのだ。
自信を持ちなさい。自分のために。そして何より芝居のために。
IMG_3707.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント